【運命線】頭脳線で止まっている運命線

手相, 運命線

今回は、下の方から登ってくる運命線が頭脳線でぴたりと止まっているケースについての説明です。頭脳線で止まっている運命線この運命線は、頭脳線で止まっている点、間違った考え方や誤解によって仕事をなくしてしまったり、人生の中で大きな打撃を受けやすい運命線となります。

つまり、自分自身の運命が頭脳線のネガティブな側面を強く持たせてしまっているケースの頭脳線ですね。

この線がある限り、大きな打撃はさけられにでしょう‥‥‥。

sponsored link

運命線が頭脳線を越えている場合。

もし、運命線が少しでも頭脳線を越えていれば、間違った考え方や誤解によって失敗してしまいがちな結果も、少し軽減されそうです。

大打撃とはなりません。それでも、失敗は免れないでしょうね。

取り返しがつく段階でなんとかなる運命線となりますので、今からでも、自分の考え方や正しい判断をしているのか?などと考えてみる必要性がありそうです。

sponsored link

女性の場合、嫉妬心が強い傾向がある。

頭脳線でぴたりと止まる運命線を女性が持っている場合、結婚相手へ「浮気しているのでは?」といった不安からくる誤解などといった間違いを起こしやすく、嫉妬心を掻き立てられたりして、離婚へといきついてしまうケースの手相となります。

35歳よりも前に結婚している場合、特にこのケースが強く出てくると思います。

また、晩婚(30歳以後、できれば、35歳以後)である場合、自分自身をセーブすることができれば、免れることができるでしょう。

そして、運命線が少しでも、頭脳線から抜けることがあれば、離別にはならず、取り返しのつく段階でなんとか収拾がつくことができそうです。

この手相を持っている人は、ちょっと考えることをお勧めする。

ちょっと考えればわかること、それができないケースが多いかもしれません。

そのちょっと、を作り出してみるように心がけてみてください。

そして、女性の場合、なるべく早くに嫁がず、遅くに嫁いだ方が幸せになる傾向があります。

自分自身の感情や分別がつくようになってからでも遅くはありません。