【運命線】感情線と合流して木星丘に向かう運命線

2018年12月30日手相, 運命線

運命線が感情線と合流して木星丘に向かう線ですね。

前回は、月丘から感情線と合流し木星丘に向かう線でした。

この線の場合は、玉の輿のひとつになる!という意味でしたが、今回は、まっすぐな運命線です。感情線と合流して木星丘に向かう運命線この線は、前回のように月丘から立ち上っている線であるわけではありません。

しかし、この相は、先ほどの月丘から立ち上がっていく相とほぼ同じ意味を持つケースが多いのです。

異性によって(結婚相手ですね!)援助を得て、発展していくことができる人の手相です。

やはり玉の輿線のひとつ・・・・・・?と思いますが、裕福な相手とは限らない気がします。

ここまでは月丘から立ち上がる運命線とほぼ同じ意味となりますが、プラスアルファー意味が加わります。

友人や知人、他人などの援助や支援によっても運をつかむケースもあります。

異性に限らず、ありとあらゆる人に援助される形になりやすいという形ですね。

女性がこの手相を持っていると異性運がよい!

女性がこの手相を持っている場合、異性運が良い傾向にあります。

出会う人出会う人、親切な人が多いでしょうね!

援助してくれる方が多いので。

もし、友達がこの手相を持っている場合、その友達に異性を紹介してもらうと良い相手が見つかる気がしますね‥‥‥。

玉の輿に乗れるか?ですが、援助される形になりやすい手相ですし、専業主婦などにも向いている手相ですが、裕福な相手とは限りません。

しかし、愛情豊な人と結婚するケースが多いです。

男性がこの手相を持っている場合は、支援運!

男性がこの手相を持っている場合は、支援を受けることが多そうです。

自分自身で突き進んでいく道があるタイプですので、そのことに援助をしてくれる人と結婚できそうです。

自分の生きていく道についてきてくれる人と結婚できる!ということですね。

ヤマトナデシコのような女性でしょうか?・・・・・・