【運命線】手首(地丘)から生命線につながる運命線

2018年12月30日手相, 運命線

手首を曲げると線がでてきますね、その線のあたりから運命線へ流れていく手相です。

旅行線などとは違いますので、気を付けて判断してくださいね!旅行線のほうが薄いかな?と思います。手首(地丘)から生命線につながる運命線この線の場合、幼少期に家庭の犠牲になるという手相。

たとえば、両親が共働きで家庭のことをすべて自分がしなければいけないことによって、家庭の犠牲になっていたり。

両親が享楽的な人たちで遊びまわっていて、妹や弟の世話をしなくてはいけない姉や兄。

つまり、両親があまりできた親ではない時、自分自身がしっかりして家庭を守っていかなければならない!という責任感を持った子供時代がある人の手にこのような相がでてきます。

子供らしい子供時代を送ることができない人の手にでてくる手相ですので、あまりよい相ではありませんが、運命線というだけあって、そのような運命を背負って生まれてきた人と考えることもできます。